【男料理】 失敗しようがない 炒めるだけキムチチャーハン

ボタンを押すと記事を拡散していただけます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

チャーハンはパラパラであるべきだとか火加減がどうだとか卵の入れるタイミングがどうだとか、そんな事はどうでもよくなるキムチチャーハン。

美味しくて栄養もあって簡単で重宝します。

キムチにはカプサイシン、乳酸菌、ビタミンBなどが豊富だそうなので、脂肪燃焼、便秘解消、美肌効果、免疫力向上、この辺りの効果が期待できます。

本当は加熱すると栄養が損なわれてしまうので、普通にチャーハンを作ってキムチをそのまま乗せた方が良いのでしょうが、一緒に炒めるとそれはそれでまた違った美味しさがあります。

何より一緒に炒めると全体がキムチ味になるので、味付けが楽でいいですね。

材料 (2人分)

ご飯 … 1.5合

キムチ … 200g

ひき肉 … 100g

スパム … 少々

長ネギ … 少々

にんにく … 2かけ

鶏ガラスープの素 … 少々

しょうゆ … 少々

ごま油 … 少々

刻み海苔 … 少々

卵 … 2個

と、今回使用した材料を列挙してみましたが、食べたいものを食べたいだけ突っ込んで炒めればOKです。

キムチならきっとなんとかしてくれる。

作り方

フライパンにごま油をひいて、みじん切りにしたにんにくを炒めます。

ご飯と卵以外の材料を炒めます。

ご飯を投入します。

混ぜながら鳥ガラスープの素をぱらぱらっと振りかけて醤油を適当に垂らして完成です。

簡単。

同時進行で卵をマグカップに入れて、箸で黄身に数箇所穴を開け、レンジで30秒くらい温めます。

(ちょいちょい様子を見ないと爆発します)

チャーハンを器に盛って、レンチンした卵を乗せて、刻み海苔をかけて完成です。

冷蔵庫に紅生姜がちょっとしか残っていなかった…。

何がいいって失敗しないのがいいですね。

べちゃっとしても「キムチチャーハンだから」、キムチの味しかしなくても「キムチチャーハンだから」で済みます。

いやでもこれが美味しいのですよ。

いつも料理を作ってもらう側の人が作れば、感謝される事間違いなしです。

レシピは適当でもいいのです。こういうのは気持ちですから。

(後片付けまでしっかりしましょうね)

広告



広告



ボタンを押すと記事を拡散していただけます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボタンを押すとフォローしていただけます




広告