【男料理】 栄養満点 鶏レバーと豆苗の煮付け

ボタンを押すと記事を拡散していただけます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

業務スーパーで安い鶏レバーが手に入りました。

グラム39円…!

鶏レバーってすごく栄養があるそうですよ。

高たんぱく低脂質、ビタミンA(抗酸化作用・新陳代謝促進・免疫力向上)、ビタミンB2(防動脈硬化・美肌効果)、そして言わずもがなの血を作る鉄分。

しかも臭みも少ないですしね。

(私はレバー臭い方が好きですが)

今回はこれに、同じく安くて栄養価の高い豆苗を合わせてしまおうという安直な料理です。

豆苗にはβカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、葉酸等が豊富に含まれています。

色々書いてありますが、肌とか骨とか皮膚とかを綺麗に作ってくれるそうです。

これに卵と納豆でも食べておけばきっと無敵超人になれるに違いありません。

火は使いますが、めんどくさいので包丁は使いません。

漢だったら手でちぎれ!

材料

鶏レバー … 好きなだけ

豆苗 … 1株いっちゃいましょう

醤油 … 大さじ2くらい?

みりん … 大さじ2くらい?

酒 … 大さじ2くらい?

にんにく … たっぷり

しょうが … たっぷり

作り方

まずポットにお湯を沸かし始めます。

それからレバーを水で洗います。

ざるとボウルを使って水にさらしながら、心臓部分(キ○タマみたいなやつ)を手で外していきます。

ついでにレバー本体部分も大きかったら手で半分にちぎります。

包丁とまな板洗うのがめんどくさいからね、仕方ないね。

何度か水をかえながら、気の済むまで流水で洗います。

いつまで経っても濁った水になるので、どこかで諦めましょう。

どうせ味なんてそんなに変わりません。

レバーをちぎって洗って水に付けたら、その間に鍋に調味料を混ぜておきます。

醤油、みりん、酒、にんにく、しょうが。

はっきり言って目分量です。

なんとかなるって、へーきへーき。

火にかけます。

レバーの入ったボウルの水を切って、ポットのお湯で下茹でします。

3分くらい。

白くなってきます。

お湯を切って鍋に投入。

で、途中でかき混ぜながら好きなだけ火にかけます。

10分くらいですかね。

かき混ぜる事すらめんどくさいのであれば、アルミホイルで落とし蓋でも作って被せておけば火が通るのではないでしょうか。

この間に豆苗を食べやすい長さ(1/4くらい)にちぎっておきます。

レバーに火が通ったら豆苗IN。

ぐちゃぐちゃーっと混ぜたらお皿にあけて完成です。

豆苗の栄養価的にはあまり火を通し過ぎない方が良いそうです。

お好みで七味をかけてビールと一緒にどうぞ。

ビールがビールがすすむくん。

味が薄ければ追いにんにくするなり醤油なり焼肉のタレなりをかけたらいいです。

こういう煮物系はみんなそうですが、冷めるとまた味が染みて美味しくなります。

少し多く作りすぎて残ってしまい、冷蔵庫に入れておいて次の日も食べるくらいがちょうどいいです。

いつも料理を作ってもらう側の人が作れば、感謝される事間違いなしです。

レシピは適当でもいいのです。こういうのは気持ちですから。

(後片付けまでしっかりしましょうね)