セブンイレブン とみ田監修 豚ラーメンが微妙に美味しかったけど高すぎるわ

ボタンを押すと記事を拡散していただけます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

二郎系ラーメンが家でも食べられる!と2019年1月頃から話題となっていた、セブンイレブンの豚ラーメン。

結構前なのですが買って食べていました。

二郎系って?

そもそも二郎系ラーメンってなんぞや?という説明は不要かと思いますが、

これ、最近私が八王子で食べたやつです。

こういうのが二郎系です。

濃厚な豚骨醤油のスープに大量の背脂と野菜、うどんのような太さの平打ちのごわごわした極太麺。

初めて食べた時は「こんなの2度と食うか…」とはち切れんばかりの胃を抑えながら天を仰ぐのですが、3日後には何故か欲してしまう魔性の食べ物です。

何かやばいものが入っているに違いありません。

怖い。

365日毎日食べるという人や、1日2食食べるという人までいます。

怖い、怖すぎる。

とみ田って?

とみ田監修という事で、とみ田も皆さんご存知かと思いますが一応。

千葉県は松戸にある日本一と言われているつけ麺屋です。

長い時には6時間とか7時間とか待たないと食べられないという伝説のお店。

ビッグサンダーマウンテンも真っ青です。

で、ありそうでなかったチルドの二郎系ラーメン(しかもとみ田監修)がセブンイレブンから発売されるという事でネット上で大層話題になりました。

「品切れ続出」、「どこに行っても買えない」、「美味すぎる」、「お店と同じ味」、etc…

正直セブンイレブンのステマ(というかここまできたらダイマ)臭がぷんぷんしていて釣られて買うのが躊躇われたのですが、震える手が抑えきれず購入してしまいました。

はたして550円の価値はあるのでしょうか。

広告



いただきます

レンジで温めるだけ。

野菜はその辺で売っているラーメンと比べれば多いですが、まぁこんなものかという感じ。

麺はかなり太く、ごわごわ感もありますが、これはうどんです。

二郎系は「うどんのような太さの麺」ですが、これはうどんです。

チャーシューは大変美味しかったですが、やや小ぶり。

スープはそれらしさが表れています。

美味しい。

追いにんにくがおすすめです。

ビールを3杯飲んだ後に小さじでテイスティングしたら、お店のものと区別付かないかもしれません。(馬鹿舌)

感想

間違いなく美味しいです。

コンビニで何かご飯を買うなら毎回これを買いたいです。

ですが、550円はやっぱり高い。

コンビニのチルドラーメンに550円を出すのが高いと言っているわけではありません。

この量この品質で550円は高すぎる、という感想です。

上に載せたお店のラーメンの写真、あれが650円ですからね。

100円しか違わないのに味も量も圧倒的に違うというのは、いくら利便性を考慮してもちょっと割に合わないかなと。

ただ、それは私がお店にいつでも気軽に行ける環境にあるからです。

一人でラーメン屋はちょっと…という人や、お店が遠くて行く機会が無いという人には550円の価値が充分ある可能性があります。

発売当初のような品薄商法(かどうかは分かりませんが)も落ち着き、少なくとも私の生活圏内のセブンイレブンではどこでも売っています。

気が向いたら話のネタに買ってみるのも良いかと思います。

美味しいは美味しいですよ、本当に。

おまけ

妻と息子とシェアして食べていたのであっという間に麺が終了。

となったらやるべき事は一つ。

残ったスープにご飯どーん。

こういう事が出来るというのはメリットの一つとして挙げられるでしょうか。

広告



広告



ボタンを押すと記事を拡散していただけます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボタンを押すとフォローしていただけます