【FFRK】 ☆6魔石 アレクサンダー戦前の全会話(ネタバレ)

ボタンを押すと記事を拡散していただけます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

この前のシヴァ討伐後の会話シーンはこちらの記事です。

ヴァルファーレ戦前の会話シーンはこちらの記事で。 ヴァルファーレ「はぁ……負けちゃった。強くな...


デシ「いよいよ聖属性ですね。いったいどんな召喚獣が――」

アレクサンダー「我ハ【審聖】アレクサンダー。裁定ヲ下ス者ナリ」

デシ「!」

ビッグス「現れたな!」

ウェッジ「や、やばいっスよ!アレクサンダーっス!」

アレクサンダー「……」

ウララ「……?」

アレクサンダー「――検知不可」

Drモグ「クポッ?」

アレクサンダー「資格ナキ者、使命ヲ忘レシ者ヨ、コノ場を去レ。汝ラニ「力」ヲ得ル資格ハナイ」

ウェッジ「……どういうことっスか?」

ビッグス「試練はどうしたんだ。我々とは戦えないというのか?」

ウララ「資格……?使命……?」

デシ「忘れし者って……」

ウララ「……もしかして私のこと……?私は……記憶がないから……」

デシ「ウララ……」

ウララ「……魔石の間にいると、ときどき不安になることがあるの」

ウララ「もしかすると、忘れているのは、とても大切なことかもしれないって」

ウララ「アレクサンダーさん、あなたはなにか知っていますか?」

アレクサンダー「――資格ナキ者、使命ヲ忘レシ者ヨ、コノ場を去レ」

ウララ「え……」

アレクサンダー「汝ラニ「力」ヲ得ル資格ハナイ」

ビッグス「このっ、無視するのか!?」

ビッグス「話にならん!そっちに戦う気がないなら、こちらから仕掛けるまでよ!」

ビッグス「いくぞウェッジ!」

ウェッジ「うっス!」

アレクサンダー「――攻撃行動ヲ検知」

アレクサンダー「コレヨリ対象ノ消去ニ移ル」

デシ「え……待……っ!」

ウララ「だめ!!」

ウララ「はぁ……はぁ……」

Drモグ「な、なにが起きたクポ……?」

デシ「ウララからすごい力が……」

ウララ「あ……私……いまの力は……?」

アレクサンダー「――「万象ノチカラ」ノ発動ヲ検知」

ウララ「!」

デシ「アレクサンダーの気配が変わった!?」

アレクサンダー「コレヨリ裁定ニ入ル」

アレクサンダー「汝ラノ全テヲモッテ我ニ「チカラ」ヲ示セ」


ウララが「万象の力」とやらを発動していました。

☆6魔石が終わったらダークバハムートが出てきて、万象の力を使って戦うのでしょうか。

この前のイベントにあった「全員限界突破LV1付与」でしょうかね。

アレクサンダーってあまり目立たない印象ありますけど(私だけ?)、実はFFシリーズでは屈指の強キャラです。

特にFF零式では戦争に使用され、数千人の命を消費して召喚、敵軍約20万人を殲滅するというとんでもないスケールでした。

FFIXでもバハムートとやりあったりしていましたね。

広告




動画

討伐後の会話シーンはこちらの記事に。

アレクサンダー戦前の会話シーンはこちら。 デシ「はぁ……はぁ……ウララ……だいじょうぶ……?」...

しかしカタカナ入力めんどくさ。

広告




広告




ボタンを押すと記事を拡散していただけます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボタンを押すとフォローしていただけます