おうちで髪を切ろう HC-FW28ヘアカッターと100均のヘアーキャッチャーが凄い

たまゆら

バリバリバルカンパンチ

我が家には小学3年生の息子がいます。

この子がですね、まー髪を切らせてくれないのです。

ちょっと髪を触っただけでくすぐったいと大暴れ。

一旦スイッチが入ってしまうと、触ってすらいないのにくすぐったいとか言い出す始末。

敏感にもほどがあります。

感度3,000倍になる薬でも飲まされたんか。

お店でも何度カットの途中で諦めた事か…

お店に迷惑をかけるのも忍びないので自宅で適当にハサミで切っているのですが、めんどくさい。

超メンドクサイ。

めんどくさいから放置しがちになってしまい、モサモサが凄くなってきて、そうするともっと切るのがめんどくさい。

しかしもう暑いですからね、そうも言っていられません。

というわけで電気屋さんでバリカンを買ってきました。

バリカンではなくヘアカッターというらしいですが、要はバリカン。

マクセルイズミというメーカーのHC-FW28-Rという商品です。

目次

マクセルイズミ?

1944年に株式会社泉精器製作所として設立。

1956年から電気カミソリ用の刃を製造開始。

その後もロータリー式電気カミソリの開発や、電気カミソリの海外市場進出等、カミソリ事業で発展。

60年以上に渡って日本のカミソリ/シェーバー業界を牽引してきた老舗中の老舗です。

2018年にあのマクセル(カセットテープとかCD-ROMとかの)に買収されて、マクセルイズミと社名を変更したようです。

泉精器製作所、全然知りませんでした。

私、髭生えないのでカミソリの類って持っていないのですよね。

ここが凄いぞ HC-FW28-R

赤いボディがセクシー

とにかく安い

ノジマでお値段なんと2,300円。

高いバリカンだと10,000円オーバーのモデルもありました。

物色中に店員さんが速攻で話しかけて来たので会話してみたのですが、

「1万円と2千円のでどう違うんですか?」
「えーっとアタッチメントの数とか、水で丸洗い出来るとか…」
「でもこの一番安いやつも丸洗い出来るんですね(箱に書いてある)」
「あ…ほんとですね…」
「じゃあきっと高い方はアタッチメントが沢山付いているのですかね」
「そうですね」
「……」
「……」

という有意義な情報を得られました。

新人研修中かな?

とりあえず何でもいいから客のとこ行って来い!的な?

その後も店員さんが無言で横にずっと立っていたのでじっくり性能比較は出来なかったのですが、特にこだわりも無いので一番安いこのHC-FW28-Rに決定。

豊富なアタッチメントでハサミ要らず

刃先にアタッチメントを付けると長さを調節出来ます。

HC-FW28-Rには「ノーマル」「サイドカット」「スキ刈り」の3つのアタッチメントが付属。

  • 「ノーマル」は1mm~35mmで調節可能
  • 「サイドカット」は3mm~10mmで調節可能
  • 「スキ刈り」は毛先やつなぎ目をナチュラルに

刈り上げる部分はもちろん、単純に短くしたい毛先も「スキ刈り」でいけてしまいます。

はぇー、便利。

丸ごと水洗いOK

もちろん先に大まかに毛を落としてからですが、丸洗いOKです。

ちなみに毛を落とすためのブラシも付属しています。

説明書が親切

単純な使い方や手入れ方法だけでなく、ヘアスタイル毎のカット方法も載っています。

この部分はノーマルアタッチメントの15mmでこんな感じに、その部分はサイドカットアタッチメントの3mmでそんな感じに、的に書かれています。

いと親切ですね。

ここが残念 HC-FW28-R

稼働時間が短い?

説明書には「8時間充電で稼働時間35分」と書いてあります。

みじかっ。

しかし実際は2時間くらいの充電で1時間近く使いましたが電源切れませんでした。

たまたまかもしれませんけども。

また、電源コード刺しっぱなしでも一応使えます。

その場合、有線になってしまうので使いにくいですが。

手入れが面倒?

使う前後で刃に付属のオイルを差す必要があります。

ガーっと使って水でバシャバシャっと洗って終わり!っていうわけにはいかないです。

と言ってもこれはどのバリカンもそうなのかもしれませんけども。

切れ味は微妙?なのかもしれない

一応ネットで調べてみたのですが、切れ味は微妙というご意見も。

バリカンやシェーバーの類は人生で一度も使った事が無いので比較は出来ませんが、確かに安いなりなのかもしれませんね。

子供も髪の毛が引っかかって痛いと言っていた事が何度かありました。

バリカンというのはそういうものなのか、それとも腕が悪いのか、はたまた高級機なら全く引っかからないのかは分かりません。

CAN☆DOのヘアキャッチャーも凄い

100均のCAN☆DOでヘアキャッチャーなる物も買ってきました。

どぅー どぅー どぅーきゃんどぅー♪

淵の部分に芯が入っていてクルンとなっているので、切った毛が全部中に落ちます。

これ考えた人、天才だと思います。マジで。

床に新聞紙広げまくりましたが不要でした。

ちなみに気を紛らわせるためにマイクラやらせてます。

でもやっぱりくすぐったいらしいです。

仕方ないですね。

まぁ家でならのんびりカット出来ますので、お店に迷惑かけるよりはマシです。

ついでに私も刈ってもらいました。

半年ぶりの散髪。

ツーブロック風に。

在宅勤務なのをいい事に眉毛放置していた事に気付きました。

皆のアイドルなのに。

あ、そういえば私は髪引っかかって痛いとかは無かったですよ。

やっぱり息子は感度3,000倍になっていたのでしょうか。

将来が心配です。

しかしこれで2,000円~3,000円台とは、便利な世の中になったものです。

全然普通に使えますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントいただけると喜びます

コメントする

初回コメントは承認制となります。内容確認→反映までしばらくお待ちください。

目次
閉じる