Twitterのフリート機能ってなぁに?

たまゆら

Twitter使いこなせてないおじさんです

2020年11月11日、カミーユ・ビダンの誕生日ですが、この日Twitterに “フリート” という機能が追加されました。

インスタだかフェイスブックだかの “ストーリー” ?っていう機能に似ているらしいですね。どっちも触った事が無いので分かりませんが。

通常のツイートよりも更に気軽に投稿できるものがフリート、という印象を持ちました。

目次

フリートの使い方

まだスマホアプリ版のTwitterしか使えないのかもしれません。

少なくとも私のiPhoneアプリでは使えますが、PCブラウザからは使えないようです。

順次対応という事なので、これからPCでも使えるようになるのかもしれませんが。

使い方は、TL画面の左上にある “追加する” を押して、写真や動画やテキストを投稿するだけです。

写真や動画には色んな装飾のテキストを追加出来ます。

Tiktok的な?知らんですけど。

2つ目以降のフリートを投稿したら前のが消えるわけではなく、追加されます

たまゆらさんの部屋です。

画面上の方にゲージが2つあるので、2フリート投稿されているという意味です。

人のフリートを見るのは、同じくTL画面の上の方にアイコンが並んでいるので、見たい人のアイコンを押すだけ。

他の人のフリートについて、見たものは白枠、まだ見ていないものは青枠になっています。

フリートとツイートって何が違うのよ

24時間で勝手に消える

もちろん手動で24時間経つ前に削除する事も可能です。

刹那的なナイスフリートを決めましょう。

フォロワーのタイムラインに表示されない

TLに表示されない、つまり能動的に見に行かないと見れないわけです。

これ、個人的には結構大きいです。

こんな事呟いてどうすんねんの次元の狭間に飲み込まれていったツイートたちの多い事多い事。

他人の超くだらないツイートとかクッソどうでもいいツイートとか見るのは好きなのですが、私自身がそれを発信するのは相手に申し訳ない気持ちになってしまうのですよね。

ちなみに、自分のフリートを表示した状態で右上の下矢印をタップすると、そのフリートをツイートする事も可能です。

フリートの手動削除もここから。

リプライが他人に見えない

フリートに対してコメントを送る事が出来ますが、これはDMで飛んでいきます。

ですので、普通のツイートに対するリプライとは「やりとりが第三者に見られない」という点で異なります。

こちらは個人的にはどうでもいいのですが、これによりまぁ色々なゴタゴタを回避出来ますね。

ネット上での人付き合い歴20年のたまゆら氏、ネット上のゴタゴタの9割は嫉妬からだというのが持論です。

見えなければ嫉妬もされません。

足跡が残る

Mixiを思い出させる足跡機能。

要ります?それ。

まぁ気にするのは程々に。

「足跡残したんだからこっちにも来てよ」なんて考えだしたら危険信号なので、スマホを窓から投げ捨てて海でも見に行きましょう

フリートの注意点

24時間で消えると言っても、見た人がスクリーンショットを撮ればもちろん永遠に残ります。

はしゃぐのはほどほどに。

個人的には好き

これでも意外と(?)小心者なので、「TLを荒らさない」というだけでかなり使いやすい印象を持ちました。

とか言って明日には存在自体忘れていそうですが。

フリートを使わない、使いたくない人にとっても、既存の機能が何か損なわれたわけではないですし、良かったのではないでしょうか。(TL画面はちょっと狭くなりましたが…)

通常のTLも満足に追えていないのにフリートまで見て回れるかなぁという心配はありますが、TLは追うものではなく出会うものの精神でこれからも適当にTwitterと接していこうと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントいただけると喜びます

コメントする

初回コメントは承認制となります。内容確認→反映までしばらくお待ちください。

目次
閉じる