冷食 「どん兵衛 鴨南蛮そば」が安定のド美味さ

たまゆら

鴨南蛮の君

皆さんご存知の通り、私は鴨南蛮そばが好きなのです。

鴨南番とは「鴨肉とネギが入った熱い汁をかけた季節蕎麦」らしいので、鴨南蛮そばだとチゲ鍋警察に逮捕されかねませんが、私は日本語の先生ではないのでどうでも良いのです。

(説明しよう!チゲとは「キムチや魚介を入れた鍋」の事を指すので、チゲ鍋だとキムチ鍋鍋になってしまうのだ!)

カップ麺のどん兵衛鴨だしそばで充分美味しいのですが、というか一時期毎日これ食べてたくらい好きなのですが、ちょっと奮発して冷食の方にも手を出してみました。

いつぞやの年末に書いたアホ丸出しの記事も気が向いたらどうぞ。

目次

鴨南蛮、悲喜こもごも

スーパーによく行く人なら分かると思うのですが、冷凍食品はしょっちゅう、というかほぼ毎日4割引きとか5割引きとかで売られています。

定価なんて形骸化しており、あってないようなものです。

今回購入した冷食の鴨南蛮そばも450円が5割引きになっていました。

のですが…

なんか総計が高かったような…?と思いつつ帰ってレシートを確認したら450円のままでして。

妻に白い目で見られた気がしますが、もう買ってしまったものは仕方ありません。

ええい、たまには450円のランチをとってもいいじゃないですか。

しかし1食450円もするだけあって気品があります。

鴨南蛮の君です。

裏面はこんな感じ。

カロリー低いっすね。

ダイエット中なので助かります。

作り方は、袋の袋をレンジでチンとして、スープをお湯に溶かすだけ。

鍋を使わないので洗い物が少なく大変よろしいです。

いただきます

ワカメと玉子は付いていません

透明感のある高貴な琥珀色のスープはしっかり鴨だしの味がします。

沁みます。

七味が悪魔的に合います。

「炭火焼き」という謳い文句の鴨肉も、非常にジューシーで香ばしく、しっとりしていて美味しいです。

レトルトとは思えない出来栄え。

まぁまぁのサイズのものが4切れも入っているため、満足度高し。

これはカップ麺やインスタント麺では絶対に再現出来ませんね。

大満足の一品

余は満足です。

しかしですね、さすがに450円は高すぎ。

これレジの人打ち間違えてるような…

200円ちょいならアリアリのアリーヴェデルチです。

今度もう一回だけ買ってみよう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントいただけると喜びます

コメントする

初回コメントは承認制となります。内容確認→反映までしばらくお待ちください。

目次
閉じる