【FFRK】 2019年「バトルスクェア」おすすめ交換品と周回数まとめ BPを効率的に集める方法

ボタンを押すと記事を拡散していただけます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

2019年4月フェスイベント「バトルスクェア」が開催されました。

なんか大昔にもやったような気がするようなしないような。

FFRKのアイテム収集・交換イベントは、1回クリアすれば全て交換出来るようなレートがほとんどでしたが、最近若干ですが周回をさせるようになってきました。

周回と言っても10回にも満たない数ですが。

それでも今まで0回だったものが数回になると違和感を覚えるものです。

運営側としてはやはり周回させてスマホの占有率を上げたいのでしょうか。

しかしここまでFFRKに残っているユーザは周回を求めていないからこそFFRKに残っている可能性が高い事、またFFRK自体周回するようなユーザーインターフェースになっていない事、これらも考慮して運営方針を決定してほしいものです。

広告




イベント概要

モンスターを倒すとBPが貰え、そのBPをアイテムと交換出来るというものです。

いつもとちょっと違うのは、フレンドにケットシー(幸運のスロット)かセッツァー(イカサマのスロット)が選べる点です。

ケットシーを選ぶと味方に有利な効果がランダムで付与されますが、獲得BPが少なくなります。

セッツァーを選ぶと味方に不利な効果がランダムで付与されますが、獲得BPが多くなります。

効率よくBPを得られる組み合わせ

難易度が4種類あり、高難易度ほど基礎BPが多いです。

なので、最高効率は1番難しい獄級をセッツァーフレンドでクリアする組み合わせですが、獄級はなかなか難しいのでセッツァーを選ぶと苦労します。

おすすめは、2番めに難しい滅級をセッツァーフレンドでクリアする組み合わせ。

獲得BPは、

滅級セッツァー > 獄級ケットシー

です。

滅級をセッツァーで攻略するポイント

4waveあり、1wave終わる毎にセッツァーが悪さをします。

敵の強さは大した事無いですが、セッツァーの効果が結構エグいです。

全体ダメージ、麻痺、睡眠、暗闇、死の宣告、即死、鼻息、属性耐性ダウン、必殺ゲージ減少、敵にヘイストプロテスシェルリフレクリジェネ、敵の行動スピードアップ等。

状態異常を食らうと面倒なので、開幕で状態異常バリアを張れる必殺を使う、魔石にラクシュミやユニコーンやエンキドウを選ぶ、これらの対策をしておくと楽になります。

また、敵にリフレクがかかる事があるので魔法は使わない方がいいかもしれません。

景品交換のおすすめと必要BP

滅級をセッツァーでクリアすると大体70,000~90,000BPくらい得られます。

景品交換のおすすめと必要BPは下記の通り。

ミスリル5個 … 3,000

神器の石版2個 … 60,000

☆4強化ソード100本 … 10,000

☆5強化ソード50本 … 40,000

アニマレンズLV1 300個 … 5,000

アニマレンズLV2 250個 … 10,000

アニマレンズLV3 200個 … 15,000

ギガースの腕輪5個 … 25,000

タマのすず … 5,000

各属性結晶10個ずつ … 120,000

勇除く☆5フラグメント50個ずつ … 30,000

極大アルカナ50個 … 15,000

50,000,000ギル … 30,000

こんなところでしょうか。

その他に、各属性極大オーブ、☆4フラグメント等もあります。

必要に応じてどうぞ。

ギガースの腕輪とタマのすずは不要でも、七色の結晶に変換出来るので取っておくとよいかと。

さてこれらを全て足すと、368,000BPとなりました。

一回の滅級セッツァーで80,000BP貰えるとすると、5回クリアでお釣りがきます。

まぁ5回くらいなら…。

編成

攻略を紹介するほど難しくはありませんが、一応。

メイン魔石はラクシュミ。

アルマの超絶でヘイスガプロテガシェルガリジェネ状態異常バリアついでにリレイズが付与されます。

後は適当にみんなで殴るだけ。

オルランドゥの開幕即時3ターンマテはあえて外しています。

これがついているとアルマの超絶の前に敵を倒してしまい、状態異常バリアを張る前にスロットが回ってしまうためです。

ところでアルマのこの超絶、ラムザの歴史の真実やチェインと相性がよくお気に入りです。

開幕にラムザとアルマで必殺を使えば準備万端。

オート性能も抜群です。

動画

とりあえずまずはまったり難易度で良かったです。

超越?知らない子ですね…。

広告




広告




ボタンを押すと記事を拡散していただけます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボタンを押すとフォローしていただけます