【FFRK】 ☆6魔石 シヴァ討伐後の全会話(ネタバレ)

ボタンを押すと記事を拡散していただけます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

この前にあたる、シヴァ戦前の会話シーンはこちら。

イフリート討伐後の会話シーンはこちら。 ウェッジ「このへんは、やけに寒いっスね」 ビッグ...


ウェッジ「ビッグスセンパイのせいでひどい目にあったっス……」

ビッグス「ぐぬぬ」

ウララ「シヴァさん、ごめんなさい。ビッグスさんを許してあげてください」

シヴァ「……」

ウェッジ「センパイに悪気はなかったんスよ。ただ美女に弱いだけっス」

ウェッジ「ほらセンパイ!謝るっスよ!」

ビッグス「も、申し訳ございませんでした……シヴァ殿……」

シヴァ「……二度目はない。それを忘れぬことじゃ」

ビッグス「はっ! 了解であります!」

ビッグス「……しかし、ウェッジ~」

ビッグス「お前は許さん!」

ウェッジ「ぎゃああああ!」

ビッグス「待てウェッジ! 逃げるな!!」

ウララ「……行っちゃいました」

シヴァ「緊張感のない奴らじゃ」

シヴァ「あのふたりが必要だとは思えぬ。おぬしたちだけで、よいのではないか?」

デシ「そんなことないです!」

デシ「みんないっしょだから、戦いが続いても、笑顔を忘れずにいられるんだと思うんです」

ウララ「そうだね、デシ」

Dr.モグ「その通りクポ!」

シヴァ「……ならばよい」

シヴァ「ウララを外に出したのは、過ちではなかったようじゃな」

ウララ「え? 私ですか……?」

デシ「そうか、ウララは魔石の間にいたから……」

デシ「あなたはウララのことをはじめから知っていたんですね」

ウララ「あ……」

ウララ「私、ここで目覚めるまでの記憶がないんです!なにか知っているなら教えてください!」

シヴァ「時がくれば思い出すことじゃ。わらわが告げることではない」

ウララ「だけど……」

デシ「ウララ……」

シヴァ「情けない顔じゃ」

シヴァ「この身を打ち砕く力を持ちながら、まだ足りぬものがあるようじゃ」

シヴァ「……まぁ、よい」

シヴァ「足りぬのならば仕方ない。わらわの力を貸そう」

シヴァ「デシ。」

デシ「は、はい!」

シヴァ「おぬしには護るべきものがある。それだけは、決して忘れぬことじゃ」

デシ「はい!」

….

ビッグス「しかし驚いたな。ウララが魔石の間で眠っていたとは……」

ウェッジ「例の事件で起きたってことは、ウララは歴史省にきてそんなにたってなかったんスね」

ビッグス「そうなるのか」

ビッグス「ウララとデシは、ずっと共にいたように感じるがな」

ウララ「私もそんな気がしてます」

ウララ「なんだか、デシをずっと前から知ってる感じがして……」

デシ「ボクもだよ、ウララ」(満面の笑みで)

デシ「ウララが魔石の間から出られるようになって、本当によかったよ」

デシ「あのままだったら――」

ビッグス「ん? 出られる?」

ウェッジ「どういうことっスか?」

デシ「ええと……ウララは目が覚めたあとも、しばらく魔石の間から出られなかったんです」

デシ「結界の影響だったと思うんですけど……」

ウェッジ「だれかが結界を張ってたってことっスか?」

ビッグス「ウララのような幼い子どもを眠らせて閉じ込めていたというのか!?」

ウェッジ「ここで眠ってたなんて、おかしいと思ったんスよ!」

デシ「い、いえ、そう決まったわけでは――」

ウェッジ「ひどい話っス!だれがそんなことしたんスかね!」

Dr.モグ「クポ……あの結界……ウララが置かれていた状況……」

Dr.モグ「人に扱える力でどうにかできるとは思えないクポ」

ビッグス「では、ここの主だというオーディンが?」

Dr.モグ「……」

Dr.モグ「ウララが封じられていたのは、クリスタルの意思かもしれないクポ」

デシ「えっ?」

ウェッジ「あの記憶世界にあるクリスタルっスか?」

Dr.モグ「クリスタルは、モグたちの世界にも存在するクポ」

デシ「メモリークリスタルですね」

Dr.モグ「そのとおりクポ」

ビッグス「し、しかし、そのメモリークリスタルとやらがなぜウララを……?」

Dr.モグ「……メモリークリスタルは、すべての偉大なる物語の記憶を記録し、守る存在とされているクポ」

Dr.モグ「だから、考えられる理由はひとつクポ」

Dr.モグ「記憶を守るためクポ!」

ウララ「でも、どうして私なんですか?」

ウララ「……私、ここでずっと眠っていたし、記憶もなくて……みんなと……なにかがちがうのかもしれないって、思ってたんです」

Dr.モグ「!」

ウララ「もしかすると……ひとじゃ……」

Dr.モグ「そんなことないクポ!」

Dr.モグ「モグの言葉が足りなかったクポ。つ、つまり、モグが言いたいのは……クポポ……」

ウララ「……」

デシ「だいじょうぶだよ、ウララ」(イケボで)

ウララ「……え?」

デシ「ウララは、ウララだよ。なにがあっても、それは変わらないよ」(目をまっすぐ見ながら真剣な表情で)

ウララ「デシ……」

Dr.モグ「ウララ、ごめんクポ。ウララの気持ちも考えずに不安にさせることを言ってしまったクポ」

Dr.モグ「さっきモグが言ったことは忘れてほしいクポ」

ウララ「そんな顔しないでください、Dr.モグ」

ウララ「ひとりじゃないから……デシが、みんながいてくれるからだいじょうぶです」

ウララ「私は、私のことを知りたいです」


ウェッジ「ひどい話っス!だれがそんなことしたんスかね!」

因果マン以外に誰がいるというのだろうか…。

しかしデシくん、どんどん女性の扱いが上手くなっていきますね…。

これは将来有望ですよ…。

動画

4:27に電話がかかってきてしまい途切れてしまいました。

NEXT、ヴァルファーレ戦前の会話シーンはこちら。

この前に当たる、シヴァ討伐後の会話シーンはこちら。 ???「やあ、きたね」 デシ「!」 ...


クソダサTシャツ、嫌いじゃないです。