【ロマサガRS】 暗黒の巨星祭2弾ガチャ(サルーイン、ナイトハルト、アルベルト、ワイル) レビュー

たまゆら

「……やっときたか…この日が……

(テレレレレー↓レレレー↓レレレレレーーー↓)

この1000ねんのあいだ

(ドゥドウドゥドゥドゥーードゥドゥドゥーードゥードゥードゥーー)

なんどなく ミルザとのたたかいを

(テレレレレー↑レレレー↑レレレレレーーー↑)

おもいだしたぞ

(ドゥドウドゥドゥドゥーードゥドゥドゥーードゥーードゥーードゥーーー)

私の ただいちどの はいぼく!

ゴミのような にんげんに

神が やぶれたのだ!

1000ねんのあいだ

このはずかしめに たえてきた

だが きょうで それもおわる

おまえたちを ほうむりさり

あの はいぼくが エロールの

しくんだわなだったとしょうめいし

この わずかなきずをぬぐいさって

かんぜんな ふっかつをとげるのだ」

「エロールなんか かんけいない!

この世界と

ぼくたちのために

おまえに まけるわけには

いかないんだ!」

「なんとでも ほざけ!

しょせん にんげんは

神のつくった どうぐにすぎん!

では 私のふっかつのぶたいへ!」

ドゥルドゥルテーテーテーテー↑テーテーテーテー↑テーテーテーテー↑↑テーテーテ↑


「暗黒の巨星祭 第2弾」と題したUDXガチャが開催されます。

意外や意外、UDXなのですね。

ラインナップは、サルーイン、ナイトハルト、アルベルト、ミニオンワイルです。

UDX枠はサルーインとナイトハルト。

ワイルはストライフと同じ「ミニオン」というスタイル扱いですね。

はい、では恒例のロマサガ1の舞台、マルディアス神話の復習の時間です。

世界を創造したのはマルダーという神です。

この世界の名前、マルディアスはそれにちなんだものですが、それを知る者はありません。

多くの神々がいたようですが、そのひとり、破壊女神サイヴァと他の神々が戦いをはじめました。

原因はよくわかりません。

サイヴァはマルダーの妻だとも言われています。

サイヴァは神々のなかでも最強で、マルダーを含めたほかの神々全部と戦っても引けをとりませんでした。

かぎりなくつづく戦いに決着をつけるために、サイヴァは自分の小指の爪先から息子のエロール神を産みました。

ところが、そこはサイヴァの唯一の良心の残っていたところだったので、産まれてきたエロール神は善そのもののような神でした。

エロールはほかの神々と協力してサイヴァを倒してしまいました。

エロールはサイヴァとマルダーの息子だという説もあります。

戦いは終わりましたが、マルディアスの地はほとんど壊滅していました。

神々の多くはマルディアスを見捨てて去っていきました。

ただ、エロールと大地の女神ニーサだけが残りました。

これには異説がありエロールがサイヴァを裏切るかわりに、この世界を自分のものにしたというものです。

また、ニーサ女神はマルディアスの大地と一体なので、去っていくことはできなかったと言われています。

エロールとニーサは、世界を復興するために、森の神シリル、海の神ウコム、歌と月の女神エリスなど、何柱かの神を産みました。

それぞれの神は、自分の領域に生命を産み、マルディアスはふたたび活気にあふれた世界に戻っていきました。

しかし同時に、ふたたび世界に混乱をもたらすものも産まれつつあったのです……

エロールによって倒され、バラバラになって世界中に散らばったサイヴァの体は、ゆっくりと集まって3柱の神となり蘇りました。

死者の王デス、破壊の神サルーイン、闇の女王シェラハの3神です。

彼らは神々に戦いを挑みました。

戦いにもっとも熱心だったのは、破壊神サルーインです。

彼はサイヴァの心臓から産まれたと言われています。

彼の紋章は、赤地に黒いハートです。

サルーインは、その魔力で多くの怪物を産み出しました。

また、人々の心の隙間に忍び込み、その憎悪や欲望をかき立てて利用しました。

長兄にあたるデスは、サイヴァの白骨から産まれました。

彼の亡者の軍団が地下の冥府から出撃すれば、地上の生き物にはほとんど止めるすべがありませんでした。

唯一の弱点は光に弱いことです。

妹のシェラハは、真黒な髪から産まれました。

魔力では兄弟のなかで最強でした。

彼女の行くところには真の闇が訪れました。

それは、心のなかにまで入り込んでくる暗闇で、人々を絶望させるものでした。

エロールは、闇の女王の力をそぐために、第2の月、愛の女神アムトを作りました。

アムトとエリスの光で、シェラハの力を相殺したのです。

そうしておいて、冥府の出口をふさいで、デスを封じ込めました。

最後にサルーインを封じるために、”ディステニィストーン” という、魔力を持った石をいくつも作り、世界中に配置して結界を張ることにしました。

しかし、その結界までサルーインを追い込む者がいませんでした……

そこに現れたのが、伝説の英雄 “銀の戦士” ことミルザです。

彼は、サルーインのしもべたちとの戦いの中で成長し、マルディアスの人々から信頼を寄せられる戦士になっていました。

エロールは彼にいくつかの試練を課し、彼も見事にそれを果たして神の戦士としての資格を示しました。

彼は、神の手になる武器と鎧を身に着け、サルーインと戦い、ついに結界に封じ込めたのです。

サルーインは結界の力で地中深く沈んでいき、そこに縛りつけられました。

しかし、ミルザも深手を負って、息絶えます。

エロールは彼を天界に引き上げ、正義の神として永遠の命を与えました。

この1000年後、主人公たちがエロールにそそのかされ(?)、復活したサルーインと対峙します。

その時のセリフが冒頭のものですね。

いやぁテンション上がります。

目頭が熱くなります。

目次

SSサルーイン (復活の舞台)

UDX枠。

遂にやってきた破壊神。

遂にやってきた次男坊。

術も使う戦士という、懐かしのタイプです。

専用のSS闇大剣も来ます。

  • サルーインソード (BP7 威力S 斬+陰)
  • 撃剣破 (BP11 威力A 斬+陰 全体)
  • デマイズ (BP16 威力S 熱+陰 全体 陰術)

あぁ…新規キャラでラスボスなのにまたオリジナル技持たされて…

他のキャラと被ってる技しかないならオリジナル技持たせるのも分かりますけど、原作サルーインの固有技なんていくらでもあるのに…

サルーインソードはフル覚醒でBP5に、撃剣破はBP8、デマイズはBP13になります。

また、サルーインソードと撃剣破は大剣技ですので腕力依存、デマイズは闇術なので知力依存となります。

どの技も消費BPに対して威力が高く、更に複属性という事で優秀ですが、特に目を引くのはサルーインソードでしょうか。

BP5で威力Sはちょっと類を見ないです。

割と新しめの技である三段斬りとかでも、BP5で斬だけで威力Bですからね。

アビリティ

  • 憎悪の力 (ターン開始時に確率特大で自身攻撃強化特大+防御強化特大)
  • 邪の隆盛 (常時味方全体の陰属性の与ダメージアップ)
  • テンションアップV (常時ダメージアップ)

アポロンの比類なき魔力的なアビリティを持っています。

アポロンは確実に毎ターンアップですが、サルーインは確率の代わりに効果が更に大きい模様。

スタイルLV50補正値

  • 腕力 80%
  • 体力 62%
  • 器用さ 75%
  • 素早さ 75%
  • 知力 100%
  • 精神 75%
  • 愛 17%
  • 魅力 36%

腕力80%が物悲しいです。

サルーインソードの威力がSだから腕力が80%なのか、腕力が80%だからサルーインソードの威力がSなのか。

その他のステータスは器用さも含めて高水準でまとまっています。

というか主要ステがほとんど70%以上とか凄いですね。

成長

腕力↑↑、知力↑

サルーイン 総評

脳筋アタッカーです。

今開催されている真四魔貴族の10ターン150万ダメージのようなステージでは、まさに鬼神の如く活躍するでしょう。

パーティ全体へのバフもあるため、デスとシェラハと組めば陰属性では当分先までトップクラスの活躍が出来ると考えられます。

万が一デスやシェラハが型落ちになってきたとしても、サルーインはバフ役として生き残る可能性が高いです。

まぁシェラハはデバフ役で生き残るとは思いますが。

また周回においても、1ターン目なら全体A、2ターン目以降なら全体Sが使用可能ですので使いどころはあります。

今後腕力特化のスタイルが実装された場合に、サルーインソードや撃剣破を継承したくなるという可能性もあります。

最近この「スタイルシステム」と言う、なかば「完全体商法」に不満を持っている方は多いようなので、この辺の扱いはもしかしたら今後変化してくるかもしれませんが。

例えば新規スタイル実装時に過去スタイルも一緒に復刻ガチャが開催されたりとか?

ウィークポイントとしては、開幕単体への大技が無い事でしょうか。

あとは折角の複属性ですが斬+陰だと弱点が被り気味で複属性の旨味があまり無いというのも残念。

斬+陰の単体長期戦、斬+陰もしくは熱+陰の全体一発屋要員が欲しいという方は取って損は無い性能かと。

…しかしこう書くとかなり限定的ですね。

非常に強いですが出番は少ないかも、という印象です。

SSナイトハルト (今こそ命を懸ける時)

UDX枠です。

ワガナハカールアウグストナイトハルト! イクゾー!!

  • インサイツニードル (BP3 威力C 体力ダウン)
  • 連槍撃 (BP9 威力E ランダム2-4回)
  • キャバルリィアサルト (BP14 威力A 全体 味方全体精神アップ)

インサイツニードル懐かしいですね。

本を読むトーマスが持ってきて物議を醸した記憶があります。

覚醒後BP2で威力C、しかも体力ダウンさせて与ダメージアップに貢献出来るなんて神技では!?と話題になりましたが、鳴かず飛ばずでしたね。

いや、強いのかもしれませんが。

連槍撃は突のスターラッシュになれるか。

そしてキャバルリィアサルトの演出が素晴らしいらしいですよ。

楽しみですね。

アビリティ

  • 吸収猛撃 (攻撃命中時、確率大で自身のHP回復)
  • 槍の秘訣III (常時ダメージアップ)
  • バトルテンション (BP11で戦闘開始+常時ダメージアップ)

ナイトハルトに求められていたバトルテンションです。

キャバルリィアサルトを開幕で撃つことが出来るのはもちろん、過去限定スタイルがあれば開幕ナユテカヤキスを撃てるように。

連槍撃2連発もいいですね。

プラチナからトチウタカヤキスを継承して全体2連発もオツです。

ナイトハルトの運用幅を大きく広げる、貴重な貴重なバトルテンションと言えるでしょう。

スタイルLV50補正値

  • 腕力 95%
  • 体力 77%
  • 器用さ 70%
  • 素早さ 70%
  • 知力 44%
  • 精神 72%
  • 愛 27%
  • 魅力 54%

最新のUDXなのですから腕力は100%超えして欲しかったところ。

最近の物理キャラは器用さを高める必要があるために割を食っている印象です。

成長

器用さ↑、素早さ↑↑

ナイトハルト 総評

どこまでもシンプルな脳筋突アタッカー。

突としては全体、単体継戦、単体1ターン(要過去限定)、単体2ターンと、それぞれ目を見張るものがあります。

しかしそれだけと言えばそれだけ。

味方全体の精神バフはありますが、開幕一発だけ使えても有効打にはなりにくいです。

SSアルベルト (託された想いと共に)

プラチナガチャに入ります。

知力スタイルからの脱却。

純粋なアタッカースタイルです。

  • 輝剣 (BP1 威力E 自身腕力アップ)
  • 闘気斬 (BP8 威力A 自身腕力アップ)
  • 天道剣 (BP15 威力SS 斬+陽 BP+5)

面白い構成だと思います。

単純に闘気斬と輝剣をループで使っているだけで強そう。

天道剣も新しいですね。

アビリティ

  • 吸収攻撃IV (攻撃命中時、確率で自身HP回復)
  • 堅城鉄壁 (攻撃を受けた時 、確率で被ダメージを100%カット)
  • テンションアップV (常時ダメージアップ)

完全にボス向きのアビリティ構成。

技で自身の腕力がアップし続ける事も含め、今開催されている真四魔貴族ミッションなんかに向いていそうです。

スタイルLV50補正値

  • 腕力 90%
  • 体力 73%
  • 器用さ 71%
  • 素早さ 81%
  • 知力 32%
  • 精神 65%
  • 愛 45%
  • 魅力 32%

知力は低いので王者の剣は使えませんね。

このスタイルで王者の剣を使う意味もありませんが。

愛がかろうじて実用レベルなのはヒールライトを考慮してか。

成長

腕力↑、器用さ↑↑

アルベルト 総評

王者の剣でお世話になっている方にとっては、「こんなのアルベルトに求めていない」と思われるかもしれませんが、原理主義懐古厨ロマサガ1ファンの私にとっては「このアルベルトを待っていた」です。

単体斬の継戦火力キャラとして非常に期待出来ます。

またパワーチャージII持ちのアルベルトに天道剣を継承させ、天動剣→天地二段とすれば2ターン斬火力としてはトップクラスになるかと思います。

いやスターラッシュ2連発には負けるか…?スターラッシュの乱数次第では勝てるでしょう。

ゲーム攻略という視点で、単体斬という群雄割拠でわざわざこのアルベルトを天井覚悟で取る必要があるかと言われれば、「無い」と答えざるを得ません。

SSワイル (企みは我が手にあり)

プラチナガチャに入ります。

アサシンギルドで何やらゴソゴソやっていた、敬語が印象的なミニオンです。

  • 邪毒 (BP5 威力E 全体 陰+熱 毒付与)
  • ポイズンガス (BP11 威力C 全体 陰+打 毒付与)
  • トキシックマイト (BP13 威力SS 陰+熱 毒付与)

毒というとどうしてもサービス開始時にスービエを毒殺したのを思い出します。

毒効くボスが出て来ると嬉しいですよね。

滅多にいないですけど。

アビリティ

  • 能力弱体IV精神 (攻撃命中時、確率で精神ダウン)
  • 属性知力III (Weak攻撃時、知力アップ)
  • バトルテンション (常時ダメージアップ + BP11で戦闘開始)

属性知力ってなんだか久し振りな気がします。

精神ダウンのアビリティは、ストライフの火鼠と合わせて使うと凄そう。

スタイルLV50補正値

  • 腕力 44%
  • 体力 76%
  • 器用さ 57%
  • 素早さ 70%
  • 知力 91%
  • 精神 70%
  • 愛 31%
  • 魅力 51%

まぁプラチナですしね、コンナモノダロウ

成長

体力↑↑、知力↑

ワイル 総評

開幕単体SSあり、ポイズンガス→邪毒→邪毒の3ターン全体もあり、このスタイルだけで分かりやすく無難に活躍可能。

陰要員に不足があるのであれば重宝するでしょう。

似たような立ち位置のルージュやジュディがプラチナで手に入る事、人気がありそうなロックブーケやバルテルミーも陰を使える事、何よりも陰がそこまで出番が無い事などマイナスポイントはありますが、それでも便利だと思います。

そしてストライフから火鼠継承して手動精神デバフまみれ運用は否が応でも期待してしまいます。

……と言いながら、「ストライフがいなかったら勝てなかったぜ」という場面は今まで無かったのですが。

このガチャ、引くべき?

いつもいつもいつもいつもで申し訳ないですが、キャラが好きならもう溺愛出来るくらい十分な性能だと思います。

そしてジュエルや実弾(現金)に余裕があるなら取っておくに越した事はありません。

最新ガチャなのですから得意不得意はあれど、得意な分野ではまず間違いなくトップクラスの使い勝手を発揮します。

「キャラ愛とか無いよ、ゲーム攻略出来ればいいよ、ジュエルもそこまで潤沢に無いし課金もそんなにたくさんはしたくないよ、でもエンドコンテンツは攻略したいよ、周回も高速でしたいよ」という方にとっては手持ち次第ですが無理して引くまでも無い性能だと思います。

今回のガチャは皆単純なアタッカー色が強く、代用が効きやすいというのが大きいです。

少なくとも「人権」と呼ばれるほどではありません。(このソシャゲ界の人権って言葉はあまり好きではありませんが)

それでもやはりサルーインは一歩抜きんでているので、取るならサルーインでしょうね。

個人的には

RS1最推しで、現在育成ボーナスが付いていないゲラハとミリアムとストライフを除いて全員HP1,490まで育ってしまっているくらい。(ブラウ含め)

もうね、ほんとにね、コレガディスティニストーンカー状態ですよ。

サルーインなんてもうデスとシェラハとワイルとバーバラで組ませたらエグイ事になりそうですし、殿下は開幕ナユテカヤキスだけで価値があると思いますし、というか殿下は例え通常攻撃しか技を持っていなくても天井で引きますし、アルベルトはこれこそまさに待っていたアルベルトですし、ワイルはヘェーラロロォールノォーノナーァオオォーですし。

手持ちジュエル140,000弱。

3天井覚悟で全員引く所存です。

3天井しても全員引けなかったら…課金はあまりしたくないのですが…今回に限ってはやぶさかではありません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントいただけると喜びます

コメントする

初回コメントは承認制となります。内容確認→反映までしばらくお待ちください。

目次
閉じる