RTA in Japan 2020 FF15を通して人生について考えた一日

たまゆら

何かを極めるという事は美しい

今さらですがようやく視聴。

RTA、Real Time Attack、リアルタイムアタック、要はゲーム内のプレイタイムカウンターではなく「ゲームスタートからクリアまでの実際にプレイした時間」を競うRTA in Japanという大会が、2020年12月27日~31日にかけて開催されました。

中でも「ファミコン本体をホットプレートで狙った温度に温める事により有利なバグが発生しやすい状況を作り出し、クリアしたらそのホットプレートで焼肉を食べる」というドラクエ3走者が注目を集めた本大会。

ドラゴンクエスト3 そして焼肉へ…、ですね。

ちなみにこのドラクエ3RTAでは、22分というタイムでエンディングの「TO BE CONTINUED TO DRAGON QUEST I…」まで到達しています。

凄すぎる。

その他にもドラクエ11、FF13、MOTHER2、FE烈火の剣、カービィUDX、ポケモン黒白、真女神転生、ライブアライブ、バイオ3、ロマサガ3等、名作揃い。

「吉野家」というアクション(?)ゲーム、知らなかったのですがこれが面白かったです。

大量に客の来る吉野家をエリアマネージャーに煽られながらワンオペで回すという、今だったら絶対叩かれるやつ。

提供が遅れると客がキレて帰ってしまうという修羅の国で、ノルマが達成出来ないとゲームオーバーです。

VRでやってみたい。

そして個人的に一番感動したのがFF15です。

Any%というバグあり何でもありのルールですが、31分でクリアしています。

31分ですよ、31分。

リアル吉野家で入店 → ビール → 牛皿 → ビール → 会計 → 退店で多分31分くらいだと思います。

結婚式のためにアーデンと共に(!?)王都を出発した一行は、ハンマーヘッドに着くや否や何故か王都の危機を感じてとんぼ返り。

急いで戻ったにも関わらず10年の時が過ぎており、王都は陥落済み。

イフリートも歴代王も無視してアーデンの待つ王の間に窓から侵入し、長きに渡るアーデンとの決着をつけて感動のエンディングを迎えます。

エンディングだぞ、泣けよ。

というかアーデンって誰状態。

RTA動画は好んでよく視聴するのですが、何でもありのAny%ルールはあまり好きではありませんでした。

しかしこの動画は正直感動しました。

今回プレイされた方は何年もFF15のバグを「愛情ゆえ」追い求めているそうで、その熱意は圧巻の一言。

プレイ後の学会発表タイムでは、「CHAPTER15でニフルハイム側でイリスと共にレガリアに乗って空を飛ぶ」というとんでもない状況も披露。

もう訳が分かりません。

私もイリス連れてCHAPTER15プレイしてみたいなぁと思って調べてみたのですが、なんかもう専門用語が多すぎて。

何かを極めるという事はここまで美しく、また尊いのかと。

そして私には極められる何かを見つけられるだろうかと。

RTA動画を通して自身の生き方について考えさせられた一日でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントいただけると喜びます

コメントする

初回コメントは承認制となります。内容確認→反映までしばらくお待ちください。

目次