【家庭菜園】 トマトとナスを育てながら子育てについて思う事

ボタンを押すと記事を拡散していただけます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

たまゆら家には小さいですが植物を植えられるスペースがあります。

常に何らかが植わっているのですが、今夏は枝豆と茄子とトマトを植えました。

野菜を自分で育てて食べるというのは子供の教育にも良いのかと思います。

多分。知らんですけどなんとなく。

種からだと食べられる状態まで持っていくのが難しいです。

苗からだと超楽。

なので今回はホームセンターでやっすいやっすい苗を購入。

ついでにトマト用の肥料とやらも買ってみました。

6月8日 植え付け

既に実が出来ている安心感よ。

ナスはまだまだ。

こんなんで実がなるんかいな。

1ヶ月経過して7月8日

ようやくトマトが赤くなってきました。

ナスはどこ…?ここ…?

それから一週間後の7月15日

写真の日付を確認したので間違いないです。

成長目覚しい。

男子三日会わざれば刮目して見よ。

ナスはどうか。

うっそだろおまえ。

どこから現れた。

テレビとかでよくある定点カメラの早送りビデオで見たらおおーってなるやつだ。

というわけで収穫して調理

ちょうど冷蔵庫にハヤシライスのルーがあったので、箱の裏に書いてある通りに作りながら野菜もぶち込みました。

ついでにOKストアで買ったシメジも。

マッシュルーム?無いわそんなセレブリティアイテム。

完成ー。

ハヤシライスって何でこんなに美味しいのでしょうか。

折角なので奮発して牛肉も投入してしまいました。

普段はハヤシライスであろうと豚肉か鶏肉です。

ところで、世の中には「カレーに牛肉以外を使うのは有り得ない」と感じる人が一定数いるらしいです。

そんな人に鶏肉ハヤシライスなんて出したら即ゴミ箱行きかもしれませんね。

自分で稼いだ金で食材を用意し、自分で食べる分を自分で作るのであれば好きに言ったらいいと思いますが、そうでないのなら笑止千万、噴飯もの(誤用)というものです。

お好み焼きにご飯だって美味しいじゃないですか。

私は何でも美味しく食べられる人間に育った事を誇りに思っていますし、そのお陰でいちいち食事にケチをつける人よりは幸せな人生を送れていると自負しています。

(もはや家庭菜園の話と関係無い)

野菜作り楽しい

何かを育てる、何かを作り上げる、というのは楽しいものです。

何ででしょうね。

父親の影響で幼少期からSRPGばかりプレイしていたせいでしょうか。

(スパロボとかFEとかオウガバトルとか三国志とか)

三つ子の魂百までとはよく言ったもので。

子供の人生は子供のものなので好きに生きたらよいと思いますが、多くの選択肢が取れるよう、様々な経験をさせてやるのが親の務めかと思っています。

広告




広告




ボタンを押すと記事を拡散していただけます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボタンを押すとフォローしていただけます




広告