【ロマサガRS】 手合せ・メタルブラックRomancing & VH20 オートバトル攻略と動画

 

2019年10月21日開催の手合せ・メタルブラックRomancingの攻略動画です。

難易度Romancingですがしっかりレアな報酬が設定されています。

倒せないとちょっと悔しいですね。

 

しかしBattle#5は名曲ですね。

これかミンサガのシェラハ戦が好きです。

 

セアト…お前は弱かったよ…しかも間違った曲だった…

 

目次

報酬

いつものやつです。

ボスを倒しまくって「メタルブラックメダル」と「修理パーツ」を集めて、これをSSメタルブラックのピースや各種報酬と交換するやつ。

毎度毎度ワンパターン…。

特定キャラ(レッド、エミリア、偽ロビン、アニー、メタルブラック)を一人でも編成して倒すと追加報酬が得られます。

  • 「修理パーツ」が追加DROP
  • 初回クリア時に「宝石メダル」入手(ミッション)

武器DROP無しです。

残念。

 

出現モンスター

メタルブラックが1体出現します。

打に弱いボスという事で、サブミッション連発されて全身骨折で退場したノエルさんを彷彿とさせます。

 

攻撃方法としては、全体斬のムーンスクレイパー、単体打のタイガーランページというメタルブラックを象徴する技を使ってきます。

どちらもエフェクトが残念すぎますが…。

それはいいとして、一番痛いのが落雷です。

なんでやねん。

Romancing難易度では3人に1,000近く与える落雷を使ってきます。

ええ…。

 

スタンが有効

スタン耐性50ですが、結構効きます。

スタン耐性ダウンの聖石も合わせて使うと良い感じです。

フェイントや天地二段やペイン等の技でのスタン成功率は知力依存なので、水着ジャミルやルージュやロックブーケが適任です。

また、アビリティのスタン付与は知力依存ではなさそうです。(多分)

SSアニー等の攻撃時スタン付与、SSバーバラのターン毎スタン付与は確率25%と言われていますので、これも有効かと。

 

デバフも有効

ムーンスクレイパー、タイガーランページ、ブレードは大剣技なので、腕力デバフでダメージを抑えられます。

また落雷は水術ですので知力デバフが有効です。

体当たりだけは体術技なので、腕力と素早さの両方を落とさないと威力が減らないですが、使用頻度は高くないので無視でいいでしょう。

というわけで腕力と知力を下げれば有利に戦えます。

 

Romancing編成例

なんとも捻りのないパーティで申し訳ないですが…。

スタン要員のジャミル、腕力デバフ要員のアザミとアルカイザー、知力デバフ要員のタチアナ、素早さデバフ&ヒーラーの白薔薇姫です。

陣形はジャミルの素早さと知力を高めるために龍神です。

 

装備

斬耐性特化装備で。

ジャミルは知力特化のローブがいいですが、何故か鎧着てますね。

何故だ。

アクセサリーはステータスの上がるもので良いです。

 

動画

こちらはRomancingのオートバトル。

 

こちらはVH20のオートバトル。

 

今回からイベントでもHP850近くまで成長するようになりました。

VH20でメダルを集めながら育成するといいと思います。

(あんまり成長しませんけど…)

スタミナ消費しないチャレンジ以降でも成長しますのでガチ勢の方はここで育成もありでしょうか。

そもそもガチ勢は石割りながらメインストーリーで育成した方が早いですかね。

 

SSメタルブラック、どこまでスタイルLV上げる?

報酬のSSメタルブラック、溢れかえっている斬スタイルでしかもアビリティもデトックスくらいしか特徴が無い、しょせん配布的な性能をしています。

基本的にはマスターレベル目当てのLV42止めでいいでしょう。

ただし技がかなり恵まれています。

フル覚醒でBP10で使える全体斬+陰威力Bのムーンスクレイパー、同じくフル覚醒でBP10で使える単体打威力SSのタイガーランページ。

3属性も扱えるのは非常に便利です。

愛があればスタイルLV50にしても後悔はしないでしょう。

しかしこれが出来るならみね打ちも打にすればいいのに…。

 


今回収録されているBattle#5アレンジバージョンは、イトケン自身のアレンジアルバムからの収録です。

賛否両論ありそうですが、私は好きですよ。

他にも名曲揃い。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

目次
閉じる