【ロマサガRS】 ガラハド VS アイスソード どちらを取るべきか考察

ボタンを押すと記事を拡散していただけます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

楽しげなイベントがやってくるようです。

SSガラハドスタイル、もしくはSS大剣アイスソードのどちらかを選ぶというものです。

原作再現ですね。

ご存知ない方はいないかもしれませんが念のため、元ネタはロマンシングサガです。

アイスソードという強力な剣を持ってくるよう依頼されます。

アイスソードはお店に売っているのですが、これを買いに行こうとするとガラハドというキャラが先に購入しており売り切れに。

そこでガラハドを捕まえて下記のやり取りです。

かの有名な、「殺してでもうばいとる」です。

このフリーダムさがロマサガの大きな魅力の一つでしょう。

ちなみに原作再現とは言いましたが、ガラハドを仲間にすればアイスソードも手に入るのでわざわざ殺す必要もありません。

だから両方ください、マジで。

ガラハドとアイスソード、どちらを取ればよいのか考察してみます。

広告



SSガラハド (念願のアイスソード)

髪の毛ふさふさSFCロマサガバージョンとなっています。

これがミンサガではあんなことになるとは…

  • 冷たい風 (BP3 威力E 全体 間接 冷)
  • フリーズスパイク (BP9 威力B 自身を4ターンフリーズスパイク状態にする)
  • 冬の嵐 (BP16 威力A ファスト 全体 間接 冷)

BP2で全体攻撃が可能な冷たい風、そしてファストで威力Aの全体攻撃という冬の嵐、さすがアイスソードと選択させるだけあってなんとも強力な技構成です。

フリーズスパイクはおそらくセルフバーニングの冷バージョンと思われます。

(冷属性無効、直接攻撃にカウンター、オートで使用しない)

アビリティ

  • 闘気増強II (攻撃時腕力アップ)
  • パワーチャージII (BP12でバトル開始)
  • 弱点集中IV (弱点ダメージアップ)

パワーチャージがあるお陰で、冬の嵐が使いやすくなっています。

これは良いパワーチャージ。

ダメージアップ系が弱点集中しかないので、冷弱点モンスターがわらわら出てくるステージ以外では厳しい構成となっています。

スタイルLV50補正値

  • 腕力 82%
  • 体力 73%
  • 器用さ 52%
  • 素早さ 58%
  • 知力 30%
  • 精神 58%
  • 愛 36%
  • 魅力 63%

補正値は控えめです。

ちょっと寂しいですね。

成長

腕力↑↑、体力↑

腕力↑↑が限定配布となると、ガラハドファンとしては選ばないわけにはいきません。

覚醒

冷たい風、冬の嵐、共に最大覚醒が良いです。

2ターン目に冬の嵐を使いたい場合はBP13に、3ターン目に冬の嵐を使いたい場合はBP14に、4ターン目に冬の嵐を使いたい場合はBP15に…というように状況に応じてフレキシブルに対応する事が可能です。

すごい。

ガラハド総評

これが配布で良いのか!という性能をしています。

2ターン目、3ターン目にファスト全体Aを使える、それ以外のターンではずっと全体Eというのは非常に強力です。

周回の鬼。

ただし斬+冷ではなく冷だけという事、そしてダメージアビリティが弱点集中しかない事から、冷弱点以外では使用できません。

またボス戦で活躍する事も難しいです。

SSアイスソード

最大強化で武器威力36、腕力+5、素早さ-3、精神+4の水属性大剣です。

水属性大剣ですが、これは水術の威力を強化するものですので、新カタリナの氷雪剣やシルバーの氷結スラッシャーの威力を上げる事は出来ません。

では大剣使いで水術使いがいるのかと言うと、2020年1月時点では誰もいません。

唯一シルバーに水術適性が付いているので、今後シルバーが水術を使えるようになる可能性は高いです。

右上の水アイコンがそうです。

水術継承可能、という意味です。

というわけで現状では、ただの強い大剣です。

それでも既存大剣と比較すれば強力です。

SS炎剣の鳳炎剣は腕力-5で術特化だったため技によっては既存Sの力+の方が強いという状況もありましたが、アイスソードはしっかり腕力も上がるのが良いですね。

武器威力は、使用する技の威力が低いほど影響力が高くなります。

つまり新グレイの夜叉連閃(威力E 3~5回攻撃)が現状では一番光るでしょうか。

グレイにアイスソード…こんなところも原作再現風味でいいですね。

今後、大剣の低コスト全体攻撃技使いが現れた時に真価を発揮するでしょう。

生命の水を使う大剣キャラとかが出てきても合いますね。

現状ロマサガ1キャラは回復術を誰も使えないので、シルバーに生命の水が来てくれると縛りプレイが捗るのですが。

どちらを取るべきか

まず最初に、私はアイスソードを取ります。

理由は大剣使いに好きなキャラが多いからです。

迷う方もいるかと思いますが、正直言ってどちらでも良いと思います。

ガラハドが光るためには冷弱点モンスターがわらわら出る周回向きステージが実装される必要があり、実装されるかどうかは運営次第です。

アイスソードが光るためには水術使いの大剣キャラが実装されるか、もしくは低コスト全体攻撃技使いの大剣キャラが実装される必要がありますが、実装されるかどうかは運営次第です。

という話で終わってしまっては身も蓋もないので…個人的な予想としては、アイスソードを活かせるキャラは近いうちに実装されると考えています。

今までのSS武器には専用と言っていいほどピッタリな使い手が実装されてきました。

それにそんなキャラが実装されればアイスソードを選んだ人がガチャを回しますからね。

(運営的には新グレイがそのつもりの可能性もありますが…)

ガラハドは専用ピースが配布されないのもポイントです。

共通ゴールドピースを突っ込めるかどうか、これは大きいですね。

現状、15-2-4のRound2をファスト冬の嵐で一掃する性能があると思いますが、15話が来てからもうすぐ2ヶ月です。

問題は次章以降で同様の活躍の場が来るかどうかでしょう。

というわけで、どうしてもガラハドが必要であるという強い理由が見当たらない人はアイスソードで良いのでは、というのが私の結論となります。

自軍の冷属性戦力次第かと。

もしくは次章でガラハドが活きるステージがあるか確認出来るまで待つというのも良いかもしれません。

そこから1から育てるのは大変かと思いますが。

ガラハドのメリット

  • 冷弱点ステージの周回が捗る
  • ガラハドの腕力↑↑
  • 今後ガラハドのスタイルが追加された際に技継承が可能
  • 大剣マスターレベルが上がる

アイスソードのメリット

  • 好きなキャラが強くなる
  • 大剣キャラを使う以上、どこでも戦力アップになる
  • 今後適正キャラが実装された際に更に輝く
  • 向こう1年以上、大剣の力+を1本掘らなくて済む

実際にアイスソードを選択して威力を検証してみた記事はこちら。

2020年1月20日より開催されている「聖戦士ガラハドとアイスソード」。 SSガラハドスタイルかSS大剣アイスソードのどちらか...


広告



広告



ボタンを押すと記事を拡散していただけます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボタンを押すとフォローしていただけます