【雑記】 白血病ってどんな病気?

競泳の池江璃花子選手がツイッター上で白血病と診断されたことを明かしました。

若くして自身の命と向き合うというのは相当な状況だと想像するに余りあります。

 

白血病。

著名人ですと、お笑いコンビ カンニングの中島さん、K-1ファイターのアンディフグさんが印象に強いです。

調べてみると俳優の渡辺謙さんも患った事があるそうです。

よく耳にする病名ですが、どのような病気かよく知らなかったので調べて素人でも分かりやすくまとめてみました。

 

目次

白血病とは

血液のがんです。

血液細胞には赤血球、血小板、白血球があります。

がん化した血液細胞が増殖し、骨髄を占拠してしまい、正常な血液細胞が減少し、貧血、免疫系のはたらきの低下、出血傾向、脾臓(血液を貯蔵しておく臓器)の肥大などの症状があらわれる、というものだそうです。

 

白血病の原因

原因不明だそうです。

遺伝でもない、ウイルスの感染でもなく、また伝染でもないとの事です。

 

白血病の症状

初期段階では自覚症状は無いようです。

ある程度進行すると、貧血や全身の倦怠感、無気力になるなどの自覚症状がみられるようになり、夜間に多くの寝汗をかいたり、体重の減少に気づくようになるという事です。

池江選手は心肺機能の低下を訴えていました。

 

白血病の生存率

早期発見されたどうか、また治療内容にもよるそうです。

現在は適切な治療を受けた患者の85%以上が長期生存をすることができており、8年生存率は90%を超えるともいわれています。

 


原因不明、自覚症状無し、それで命に関わることもあるという、恐ろしい病気です。

自分だっていつ患ってもおかしくないと思うとなかなか考えさせられます。

 

池江璃花子選手の一日も早い回復をお祈りしております。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントいただけると喜びます

コメントする

初回コメントは承認制となります。内容確認→反映までしばらくお待ちください。

目次
閉じる