相模原の協栄スイミングクラブが凄かった

たまゆらのアイコン画像たまゆら

子供の可能性は無限大

小学2年生の息子がいます。

これがもうブクブクと太ってきたので、何か運動をしてもらいたいなと。

そんなんじゃ女の子にモテないぞと。

もちろん強制させるつもりはないのですが、8年くらいしか生きていない子供からしたらこの世にどんなものがあるのか分からないのも事実。

体験だけでもどうだろうかという事で、手堅くスイミングクラブに行ってきました。

相模原 陽光台の協栄スイミングクラブです。

かなりどうでもいい情報ですが、実は私は泳げないのです。

もちろんスイミングクラブという施設にも初潜入です。

受付を済ませていざプールに。

クラスは20段階以上に分かれており、息子は初プールだったため20級からスタートする事に。

1階がプール、2階がガラス張りのギャラリー席になっており大人でいっぱい。

そんなに体験者が多いのか?と思ったらそうではなく、どうやら既に通っている人も子供を連れてきた後に終わるまでギャラリー席で待機するという事のようです。

子供がプールで泳いでいる間、それを見下ろす格好になりながら、本を読む人、スマホでゲームをする人、お友達とお喋りする人、昼寝をする人…

さすがに酒盛りをしている人はいませんでしたが。

なかなか不思議な光景でした。

レッスンは低級なのでビート板を使ったバタ足や、仰向けでプカプカ浮かぶ練習など。

仰向けで水に浮かぶとか凄いですよね。

人間の身体どうなっとんねん。(泳げない人の感想)

体験終了後、本人的にドハマりとはいかなかったようですが、つまらなかったわけではなかったようなので入会する事に。

週1のレッスンで月7,000円弱の月謝+年会費が3,000円弱。

そんなところですかね。

公文も通わせているので月に2万円くらいです、いわゆる習い事費。

まぁやっぱりなんだかんだかかりますよね。

子供には無限の可能性があります。

その可能性を芽生えさせるのも潰すのも親次第。

子供に経験を積ませる事は、何よりも優先するべき親の責任だと思っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントいただけると喜びます

コメントする

初回コメントは承認制となります。内容確認→反映までしばらくお待ちください。

目次
閉じる